社員のモチベーションを上げるただ一つの方法

Pocket

仕事柄、「社員のモチベーションを上げたい」という類の相談を受ける機会が多い。

で、多くは、昨今流行りのパーパス・ブランディングよろしく、当該企業における仕事のパーパスを社員の皆さんと一緒に導いたり、自分が大切にしたい価値観に想いを馳せてもらったりといったプログラムをベースにカスタマイズして提供するのだが、

けど、よくよく考えてみると、「社員のモチベーションを上げたい」という課題設定って変じゃないか?

「社員のモチベーションを上げたい」の背後には、

「モチベーションを高く保ち、いい仕事をしてほしい」とか

「生き生きと仕事に取り組んでほしい」とか、

「自主的、自発的に新しいことに挑戦してほしい」とかとかってことがあるのだけど、

いい仕事とモチベーションって本当に関係するのか?

生き生きやろうが、テキパキやろうが、仏頂面でやろうが、ちゃんと結果を出せばそれでいいんじゃないか?

自発性とモチベーションって関係するのか?

プロフェッショナルって、モチベーションとかっていうそんなあやふやなものに左右されずに、どんなときでもちゃんとある一定のクオリティのアウトプットを出すのがプロフェッショナルじゃないのか?

逆に言えば、ちゃんとある一定のクオリティのアウトプットが出せていれば、モチベーションが高かろうが低かろうが関係ないのでは?

だとすると、

「自社にとってのいい仕事とは何か?」とか

「それを生みだすためにどんな指針を出せばいいのか?」とか

「それが生み出せない原因となっているものは何か?」といったことを考えることが先決じゃないだろうか。

そのプロセスを放棄して、

ただ単に、

「いい仕事をもっとしてほしい。」

「そう言えばなんか最近モチベーションが低い気がする。」

「昔はもっとみんな喜んで残業したり、言われた以上のことをやったりしてた。」

「やっぱ、モチベーションあげないと。」

みたいな思考になっているのって、マネジメントとしてどうなんでしょうと思うけど。

ちなみに、

もちろん、1日の起きている時間の多くを仕事に費やすのだから、どうせ時間を費やすなら少しでも気持ちよく、仕事のポジティブな側面を見出しながらモチベーションを持ってやろうよっていうのはよく理解できる。

けど、やっぱりそれは強制するものではなくて、

「仕事のポジティブな側面は理解できるし、そういった側面も意識しながら仕事しようとは思うけど、そんなに仕事に全エネルギーをかけて、生き生きとやろうとまでは思いません」っていうのもちゃんと受け入れないとなぁ。

その前提で、ある社員にとってモチベーションを上げるきっかけとなるのは、

仕事のポジティブな側面(いわゆるパーパス)を見出すってことなのだと思う。

ただ、繰り返しになりますが、モチベーションを高くやるのか、ほどほどでやるのかは最終的には従業員が決めることなのだと思うのであります。

Pocket

コメントを残す