成りあがり(矢沢永吉)に見る、糸井重里のエーちゃんの伝え方がすばらしい 

Pocket

はじめて読んだ。

成りあがり。

エーちゃんこと、矢沢永吉の若き頃のはっちゃけ振りがイキイキと描かれている。

エーちゃんとか馴れ馴れしく言っているけど、実はあんまりよく知らないし、キャロルの歌もちゃんと聴いたことないけど、これ読んでエーちゃん、めちゃめちゃカッコいいわ。惚れてまうやろー。

たまに、車に”YAZAWA”みたいなステッカー貼ってるのを見かけるけど、その気持ちわかるなぁ。成りあがり読んだだけなのに、カリスマ性をビンビン感じる。

ちなみに、この本、エーちゃんが書き下ろしたわけではなくて、広告コピー界で有名な糸井重里さんが、編集者としてインタビューを書きおろしてる。糸井重里さんといえば、徳川埋蔵金プロジェクトで有名(懐かしい,,,)だけど、広告コピー界では巨匠中の巨匠。

で、糸井さんの書き味ががすごい。ちゃんとエーちゃんが書いたものになっている。エーちゃんが乗りうつっているとしか思えない。っていうよりも、本人が書くよりも、本人の魅力を伝えきっている。

通常、物事って見る角度によっていい面と悪い面があって、広告って、商品やサービスのいい面を探して、その魅力を伝えるためのものだけど、さすが、広告コピー界の第一人者ですわ。

エーちゃんのええところ、というかエーちゃんをエーちゃんたらしめているすべてを余すところなく、かといって不必要に誇張することなく、必要十分に魅力を伝えきっている。

 

エーちゃんと糸井重里、両人をリスペクトですわ。

Pocket