【書評】君の膵臓を食べたい(住野よる)は青春・純愛濃縮100%

君の膵臓を食べたい なんちゅうタイトル。ホラーものか? 本書との出会いは、全国書店員が選んだいちばん!売りたい本、「本屋大賞」。 2016年に2位に選ばれたことで、結構本屋さんで... 続きを読む

森友学園問題の闇を暴く、日本会議の研究(菅野完@noiehoie著)

日本会議の研究。 最初、本屋で見かけた時は、 日本式会議の悪いところ(誰も意見を言わないとか、尖がった意見は叩かれるとか、安易に同調しがちとか、ただの資料の読み上げ確認しかしてい... 続きを読む

キングダムが最高に面白い理由は「ダブルストーリー」「個と全体」

キングダム46巻発売。 キングダム 最高に面白いマンガ。 私とキングダムとの出会いは、アメトーークの「キングダム芸人」。 ケンドーコバヤシやサバンナ高橋のトークにやられ、試しに1巻... 続きを読む

【女のいない男たち】村上春樹はやっぱり村上春樹だった

女のいない男たち 村上春樹の最新短編集。 村上春樹と言えば、【書評】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年で、あなたも村上春樹がちょっと好きになるで書いたけど、「色彩を持たない... 続きを読む

クロールはゆったり泳ぐと速くなる!(高橋 雄介)ってまじです!

クロールはゆったり泳ぐと速くなる! 子供の頃スイミングを習っていたので、あっしはクロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの4種目とも泳げる。 あっしらが子供の頃、習った順番は①クロー... 続きを読む

【書評】『君の名は。』は小説を先に。12モンキーズは吹き替えで

君の名は。 いっとき、映画のCMをめちゃめちゃ見かけた。♪君のぜんぜん前世から~♪の曲とともに。 CMはめちゃめちゃ見かけたけど、あまり興味もなく、女子高校生と男子高校生が入れ替... 続きを読む

イニシエーション・ラブ(乾くるみ)の最後、意味わからない

メタ思考トレーニング(メタ思考トレーニング(細谷功)で2つの時間軸を超える「why」を学ぶ)で、紹介されていた「イニシエーション・ラブ(乾くるみ 文春文庫)」について。 イニシエー... 続きを読む

メタ思考トレーニング(細谷功)で2つの時間軸を超える「why」を学ぶ

メタ思考トレーニング(細谷功 PHPビジネス新書) 本書では、メタ思考と呼ばれる、『様々な事象を一つ上の視点から捉える』という思考を持つための具体的な手法として、アナロジー発想やw... 続きを読む

刑務所わず(堀江貴文)に見る、刑務所暮らしの実態と囚人対策

ホリエモンこと堀江貴文氏の刑務所獄中記。 獄中にリアルタイムで書かれたのが「刑務所なう」で、こちらは出所後に書かれたから過去形の「わず」を使っているとのこと。獄中はいろいろと検閲も... 続きを読む

【書評】三島由紀夫レター教室に見る手紙の生々しさと年賀状の意味

本屋さんのPOP広告につられてなんとなく買った三島由紀夫。 5人の登場人物による手紙のみで構成された小説なんだけど、予想していた以上に面白い。1通1通の手紙は短いのでサクサク読める... 続きを読む