【書評】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年で、あなたも村上春樹がちょっと好きになる

村上春樹って、ちょっとフワッとしたというか、無意識領域というか、あるいは観念領域というか、女的というか、はたま … “【書評】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年で、あなたも村上春樹がちょっと好きになる” の続きを読む

【書評】毎月新聞(佐藤雅彦):つまらない毎日をちょっと面白く生活する視点が盛りだくさん

著者は元広告クリエイターで、今もだと思うけど、慶應大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の教授。日常の中の、ちょっと … “【書評】毎月新聞(佐藤雅彦):つまらない毎日をちょっと面白く生活する視点が盛りだくさん” の続きを読む

【書評】ショッピングモールから考える(東浩紀、大山顕)でモールの見方が変わる

「ショッピングモールから考える(東浩紀、大山顕)」を読んで。 ショッピングモールって、郊外のファスト化(その土 … “【書評】ショッピングモールから考える(東浩紀、大山顕)でモールの見方が変わる” の続きを読む