勝率2割の仕事論(岡康道TUGBOAT)に見る本質をついた広告とは

広告代理店「電通」を退社し、4名のクリエイターとともにクリエイティブエージェンシー「TUGBOAT」を設立した著者は、電通時代から数々の広告賞を獲得しているスタークリエイターでもあ... 続きを読む

ショッピングモールから考える(東浩紀、大山顕)でモールの見方が変わる

「ショッピングモールから考える(東浩紀、大山顕)」を読んで。 ショッピングモールって、郊外のファスト化(その土地その土地の良さが無くなり、どこに行っても同じような建物、お店が並ぶよ... 続きを読む

もしドラ(岩崎夏海)だけ読めばドラッカーはOK

”もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら”を読んで。 コトラーとかミンツバーグとか最近だと、クリス・アンダーソンとか、学者の書いた本って体系立って... 続きを読む

【書評】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年で、あなたも村上春樹がちょっと好きになる

村上春樹って、ちょっとフワッとしたというか、無意識領域というか、あるいは観念領域というか、女的というか、はたまた文系的というか、それ持ち出したら何でもありやんけ的なスタイルで、ど... 続きを読む