旅に出る服は写真に残る服。映える服を着よう。映えとか映えないとかとか。

「映え」こと「インスタ映え」こと、「インスタグラムで見映える」

今の時代、猫も杓子も、映え、映え、映え、映え。

味がおいしいか、モノが使いやすいか、気持ちがいいか、なんてことは二の次、三の次で、

大事なのは、インスタグラムで見映えがするかどうか、

今の時代、生活者を行動へと駆り立てるのは、

映えるかどうか、なのであります。

その裏には、SNSによる承認欲求、

要は、いいねが欲しい、自分の存在を認めてほしい、ということがあるようで、

”映え”る投稿をUPする → ”いいね”がつく → 自分の存在が認められる

ということのようですが、

これってなんかおかしくないですか?

いいねがついているのは、あなたではなく、映えたモノなり映えた場所なのでは?

違います。映えるモノとか、映える場所とともにいる私が、いいね、なんです。だって?

いやいや、それはあなたじゃなくても、いいねでしょう。

あなたである固有性は何もないよねっていうことは、あなたの存在が認められているっていうわけではないですよね、

なんて感じてしまうのは、ただの偏屈おやじなんでしょうか。

この映え現象、冷静に考えると、

映えるかどうかが行動を決める要因になるっていうのは、本来自分のものであるはずの行動原理を自分ではなく周りに委ねているってことにもなりますよね。

で、その周りっていうのは、場合によっては会ったことも見たこともない、ただいいねをしあうだけのソーシャルネットワーク上の人だったりもするわけで。

自律ではなく他律ですね。

旅行に行くのも、自分が本当に行きたいところよりも映えるところを。

旅行に来て行く服も、自分が本当に着たい服よりも映える服を。

そんなことでただ一度きりの人生、本当にいいのでしょうか。

なんて感じてしまうのは、ただの偏屈おやじなんでしょうか。

そもそも、会ったことも見たこともない人のいいね、ほしいかな。

あ、ほしいか。私もほしいな。

自分がやったことに対するフィードバックは確かにほしい。

ただ、映える写真っていうのは、果たして自分がやったことなのか、というのが論点なんだな。

映える写真っていうのは、

お前ら、こんなん好きなんやろう的な、こんなん用意しといたら映えるやろ的な感じで用意されたモノとか場所に、ほいほいハエのようにたかっているだけなんだよね。

その寂しさを自覚しないとね。

映えようと映えまいと、自分にしかできない何かを残したいものです。

知らぬが仏の逆:言うが鬼

「知らぬが仏」の逆なこと、言ってみれば「言うが鬼」ということってあります。

うちのおかんはデリカシーがありません。

窓でもシャッターでも、親の仇か〜いうくらい、ビッシャーンっ!って思いっきり閉めます。近所トラブルなんじゃそらです。 またスーパーに行くと必ずといっていいくらい、レジ終わりの袋つめのところにある袋をクルクルクルクル何枚も引っ張って、何食わぬ顔で持って帰ります。軽犯罪です。

なんなら、レストランで席に置いてあるつまようじを大量に持って帰ったりします。中犯罪です。

そんなおかんは、当然なにか話すときも一言多いのですが、どうでもいい独り言ならまだしも、ちょっとネガティブな一言を放つ時があるんです。

例えば、おかんは、寿司の穴子があんまり好きではありません。

というか嫌いです。 その理由は、「泥臭いから」らしいです。

味覚みたいなものは人それぞれやから良いんです。

それを胸の奥にしまい、自分は食べなければ、それで済む問題です。

でも、おかんはそれだけでは飽きたりません。 自分が食べたくない穴子の寿司を他人が食べているのが許せないのでしょうか。

例えば一緒にお寿司を食べに行っていて、僕たちが穴子のお寿司を頼むと、

「え、穴子?おいしいん?」と聞いてきます。

いつもの件なので無視して流していると、 「ちょっと、一口だけちょうだい」と言ってきます。

アッシ的には会計を出してもらう手前、まぁ一口くらいええかぁと思ってあげます。 で、食べるや否や 「あかん、やっぱり生臭いわ〜」

いやいやいやいやいや、それ、言う必要ある?

それを聞くことで、そんなことはない、穴子はうまいんや〜と思っていても、 何かこれは生臭いのか?という疑念が生じてしまい、美味しい穴子も美味しくいただけなくなります。

言うが鬼やわ〜。

けど、逆に、言わぬが鬼、ということもあります。

例えば、一緒にいる人の肩に紙切れみたいなゴミがついていたとしましょう。

これは100人中100人が教えてあげると思います。

相手にゴミがついているのを分かっているのに言わないのは、言うなれば「言わぬが鬼」です。

でも、じゃあ鼻毛が出ていたとしたらどうするか?

これはなかなか難しいところです。 ゴミであればすぐに取って、何もなかったかのごとく過ごせますが、 鼻毛が出ているよ、と言われたところでその場でどうすることもできません。

どうすることもできないけど、 あ、俺は今鼻毛が出ているんや、と思いながら過ごさざるを得ません。

だったら、言わない方がよかったことになります。

この場合は「言うが鬼」になります。 この話はもう少し続きます。

記憶に残る幕の内弁当はない。ジェネラリストかスペシャリストか。

幕の内弁当といえば、エビフライからハンバーグから天ぷらから煮物まで、いろいろなおかずが入っているわけですが、

あなたがお昼ご飯を食べに行くとして、

ハンバーグが食べたかったら、どこどこのお店、

パスタだったら、どこどこのお店、

刺身の日は、どこどこのお店、

チャーハンはやっぱり、どこどこのお店、

そんなお店ってありますよね。

記憶に残り、何の外部刺激もなく想起される(マーケティング用語で言うところの純粋想起)店っていうのは、だいたい何かに特化している店。

ハンバーグも、パスタも、刺身も、チャーハンもうまい店なんてのはまぁ存在しない。和食から洋食、中華まで何でも置いている安いチェーン居酒屋はあるけども、安かろう悪かろうですからね。

で、これって、人材についても同じように言えると思う。

企画も、営業も、研修も、WEBサイトも、何でも請け負います、っていう人よりは、私は企画一本ですが企画なら誰にも負けませんっていう人の方が、頼り甲斐があるというか。

やっぱり専門性ってのは、あまりその人のことをよく知らない人が判断するには一つの有用な判断基準になるのよね。

ただ一方で、専門バカみたいに言って嘲る風潮もある。

「あの人は人事畑の人だから」とか「営業畑だから」みたいに言うときって

あの人は人事畑だから(企画のことなんて伝わらないのよ)とか、

営業畑だから(人事のこと分かってないのよ)っていうニュアンスがある。

ジェネラリストかスペシャリストかっていうのは永遠の問いでもありますからね。

イノベーションのシーズはスペシャリストが作るかもしれないけど、

そのシーズを世の中に届けるのはジェネラリストだ、

なんてことがあったときに、じゃあどっちが偉いのよっていう。

まぁなんとなく時代の要請としては、課題先進国日本としては、イノベーションを生み出すためのスペシャリスト待望論に勢いがあるような気がしますね。

わかってはいるけどもついつい、あれもこれも盛り込みたくなるのが人間の性ではあるけども、

スパっと割り切って、あなたはどこで勝負しますか?

ことわざ創作:言うが鬼、作為の不言

「知らぬが仏」の逆、「言うが鬼」とか、その逆、「言わぬが鬼」ということがあります。

言わぬが鬼の例として、一緒にいる人の服にゴミがついているとすれば、それは教えてあげましょうよと。それを教えないのは鬼でしょうということで、これは「言わぬが鬼」。

一方で、一緒にいる人が鼻毛が出ていたとして、それは言われてもどうしようもできないし、「俺、鼻毛出てるんや〜」って嫌な思いをしながら過ごさないといけなくなるから、これは言わない方がいい、「言うが鬼」。

ケースに応じて「言わぬが鬼」と「言うが鬼」ということが起きるわけだけども、

その場で対応できることならば言ってあげることが親切なので「言わぬが鬼」、いやこれはもはや「言うが仏」と呼ぶべきか。

そして、言ったってどうしようもないこととか、相手を嫌な思いにさせることが「言うが鬼」ということなんだろう。

けど、相手を嫌な思いにさせるかもしれないけど、それでも言った方がいいかもしれないことっていうのもあるわけで。

例えば、最近コンビニのスイーツは実際めちゃ美味しくなっていて、それを美味しい美味しいと食べている友人がいたとして。

けど、実はまだまだコンビニスイーツにはたくさんの食品添加物が入っていることを私は知っている。しかもまぁまぁの副作用がありうるものも入っているし、香料なんかも実は中身はピンキリだけど、どれも”香料”とだけ表示すればいいことになっているので、実際のところどの程度の副作用のあるものが入っているのか消費者にはわからない、なんてことも私は知っている、という場合。

こんなとき、添加物のことを友人に教えてあげることが正解なのか、良かれと思って言ったことが返って気分を害させるだけになるのであれば、あえて言わないことが正解なのか。作為の不言とでもいいましょうか。

難しいですなぁ。

あなたと隣の人を間違える人はいない。最近の若者は個性が無いを笑ってやれ

この世の中に同じ顔をした人は一人もいない。

一人はおかしいか、一セットもない、やね。

けど、これって、すごいことじゃないですか? 犬でも猫でも猿でも、だいたい同じ顔に見えるのに、こと人間に限ってはただの一人も同じなんてことはない。

そういう意味では、もう生まれた時からむちゃくちゃ個性的ってことよね。

もちろん、顔だけじゃなくて、走り方に象徴される体の動かし方なんかもみんなそれぞれに個性的で。

個性派俳優なんて言ったりもするけど、いやいや、無個性俳優なんていないよ、全員が全員個性派俳優だし、この世に生きとし生きる人全てが個性のかたまりよ。

私の個性って何だろう?

自分らしさって?

そんなことに悩む必要なんてない。

もちろん、自分のことを深く知る、という意味で自分らしさを探求することは大事だ。

だけど、自分らしさがわからないからって悩む必要はない。

あなたが生きていること自体が個性的なのだから。

最近の子供たちは没個性だぁ?

それは、犬や猿の個性を見分けられないのと同じで、そんなことを言っているお前がこっちの世界のことをわかっていないだけのことじゃぁ〜と思ってやれ。

あなたは、あなたのままで、あなたらしい。

この世界は想像以上にカラフルだ。