町内会の運動会のヤクルト一気飲みがクロレラだった件

Pocket

先日、町内の運動会に参加した。

町内会のおじいちゃんたちが運営する、昔ながらの運動会。

最近の公立学校の運動会は、ヨーイ、ドン!のピストルが、火薬音にビビってしまう?(パニックになってしまうのかな?)子供対応ということで、電気で「ビー」っとなるやつに変わっていたりするけど、そこは町内会なので昔ながらの火薬ピストル使っていたり、途中でジュースを飲む競技があったり。学校の運動会とは趣が違って面白い。

ただ、参加者がおじいちゃんおばあちゃんが多いから、迫力とか盛り上がりは無いけど。

そういえば、アッシらが子供のころは、それこそバブル真っ盛りだったからか、町内会の運動会って競技に出れば出るだけ、参加賞とかいってノートとか文房具とかお菓子とかいっぱいもらえたけど、最近は全競技通してジュース1本とかしかもらえない。クリスマスとか正月とかでもよく町内会でお菓子とかも配っていたけどなぁ。

競技の中で、「ヤクルト一気飲み」という競技(正式名称は違ったかもしれないけど)があった。要は、親子ペアのリレー形式で親が子供をおんぶをして走って行って、テーブルに置かれたヤクルトを子供がおんぶされたまま一気飲みして、戻ってきて次の親子がまた走っていくという競技。

その競技紹介文には「子供がヤクルトを一気飲みして~」と書かれていて、準備しているのを遠目に見てもヤクルトだと思っていたものが、実は「クロレラ」という会社の「乳酸菌が生きています」なる商品だった。

nni0009

いやいや、いいんですよ。いいんですよ。そんな、わざわざプログラムに、「子供が、乳酸菌が生きています(クロレラ社)を一気飲みして~」なんて書く必要ないんですよ。ただね、「クロレラ社」、どうなのよ。

なんやねん「乳酸菌が生きています」って。どうせやったらヤクルトならぬ「ヤクレラ」とかにしろよ。パッケージの形もそっくりやし、銀と赤のアルミ素材風のふたもそっくりやし。なんで、こんなそっくりな商品作るの??

よく、アメ村とかアメ横でadidasならぬajidasとか、NIKEならぬMIKEとかっていうちょっとクスッと笑えるパチもんが売っていて、違法だなんだって騒がれたりもするけども、そんなんよりもよっぽどタチ悪いわ~。

ファブリーズに対するリセッシュもそう。どっちがどっちかいまだに違いが分からないし。ぺヤング焼きそばに対するペヨング焼きそばってのもあったなぁ。いや、これは同じまるか食品から出ている姉妹商品やからちょっと立ち位置が違うか。

いずれにせよ、こういうパチもん丸出しの商品を作っている会社で働くのはテンション上がらないだろうなぁ。

Pocket

コメントを残す