いきなりステーキのおすすめメニューとペッパーランチ事件の真相

Pocket

いきなりステーキ。

これまでも存在は知っていたし、その名の通り、お店に入るや否やいきなりステーキを食べさせるというビジネス形態に多少興味はあったものの、立ち食いということやペッパーランチがやっているということもあり、客としては特に興味を持っていなかった。安かろう、悪かろう店かなぁという印象で。

そもそもステーキとか焼肉とかって、味付けとか調理で工夫できる範囲が限定的だから、結局肉の質がそのまま出るとアッシは考えているので、肉においては安くてうまいは無いと思っている。

ペッパーランチってショッピングセンターのフードコートとかに割と入店していて、食べている人を結構見かけるけど、油が飛ばないように紙で囲まれたステーキライスみたいなの、全然美味しそうに見えない。そもそもメニュー写真の肉がすでに美味しそうに見えない。普通、メニュー写真の写真って結構盛って撮られるはずだけど、ペッパーランチのステーキって盛ってこれかい、みたいな。

さらに、ペッパーランチといえば、大阪の心斎橋あたりの店で、閉店間際に来店した女性客を、シャッターを閉めて、スタンガンと睡眠薬で気絶させて、泉佐野の貸しガレージに監禁、強姦するという凄惨なペッパーランチ事件が起きたこともあったし。

ペッパーランチ事件が、かなり凄惨な事件のわりには、テレビでほとんど報道されないのは、背後に強力な力が働いているからとも言われているみたい。

 

で、話をいきなりステーキに戻すと、確かに、その名の通り、いきなりステーキ、という、とにかくステーキを食いたい人に、グラム単位で好きな部位の肉を好きなだけオーダーできて食わせるっていうシンプルなコンセプトには興味はあったけど、そんなこんなで特にそれ以上の関与はなかった。

そんな折、ダウンタウンのガキの使いやあらへんでで人気の食べ尽くし企画の対象がいきなりステーキだったのを視聴した。

その名も『いきなり!ステーキ食べ尽くして10万円!』

メンバーがいきなりステーキの各店で、200グラムのステーキを5人で分けて、付け合せのコーンも含め完食するっていうのを、都内の37店舗はしごできるか、というチャレンジ企 画。

まっちゃんと4人のいつもの掛け合いもさることながら、出てくるステーキがすっごく美味そうで、これは一回ありやなと。

ということで、いきなり、いきなりステーキに妻と二人で行ってきました。平日の昼間に。

ランチ限定のワイルドステーキとか、ワイルドハンバーグ、ガキの使いで美味しそうに食べていたリブステーキなどなど、いろんな種類があって目移りしながらも、せっかく来たし、肉の味は値段と比例するでぇということで、

グラム9円の高級のヒレステーキ300gとグラム8.2円のサーロインステーキ200gを注文。

焼き方はレアがおすすめとのことだけど、レアはちょっと怖いから、ミディアムで。

ヒレステーキ300gは激厚でミディアムといえども火が通るか心配なので、妻の判断で半分に薄く切ってもらうようにオーダー。ヒレもサーロインも、でっかい肉の塊からその場で切って焼いてくれるのがいい。お肉マイスターなる人が注文に応じて切ってくれるのだが、200gで頼んだところ250gくらいあったので、もうちょっと少なめで、というとガッテン承知と言わんばかりに切り落としてくれた。

けどこれって、200gにしよか250gにしよかって悩んで、悩みながらもまぁ200gにしとこかということで頼んで蓋開けてみたら、ごつーんと憧れの250gの肉を見せつけられて、これが250gですけどどないしましょ?と言われてるようなもので、人間、いざ250gを目にしたら、やっぱりそっちで、とかって言う人もいるんだろうな。

商魂たくましいマイスターですわ。わざわざもうちょっと少なめにしてもらうなんて、こっちも客魂たくましいけどね。

切り落とした肉どうするんやろう、廃棄ロスになるのかなぁとか思っていたら、乱切りステーキなるメニューがあるのを発見。こういう切り端肉もうまくメニュー化してるのね。

そして付け合わせも、デフォルトはコーンだけど、ブロッコリーとか、オニオン、インゲン等に変えられるのもいいね。

そして、お味はというと、

これがめちゃめちゃうまい!!!!

今までスルーしていてごめん!

こんなうまいと思わんかったわ。

肉が柔らかい。サーロインは適度に脂も乗っていて。ヒレなんかは赤身なのに、こんなに柔らかいん?っていうくらい柔らかさんですわ。

お値段は200gで2000円近くしますけど、ヒレステーキもサーロンステーキも試す価値ありでっせ。

Pocket

コメントを残す