自業自得?天に唾する?身から出た錆?因果応報?

Pocket

前ふりの新幹線でキーボードをたたく音はマナー違反?、新幹線で初老のおっさんに怒鳴られた、アンガーマネジメントを実践してみた(新幹線でマナー違反?続き)の後日談。

新幹線でキーボードをたたく音がうるさいと初老のおっさんに怒鳴られたが、じーっとおっさんの顔を見つめているとおっさんの怒りも続かず、おとなしく戻って行った。もし、あの時おっさんが殴りかかってきたり、蹴ってきたりしていたら、どういう行動をとるのが良かったのかを妻と考えてみた。

相手はひょろひょろのおっさんだから、殴り返したらひょっとしたら打ち所が悪いとおおごとになるかもしれない。かといって何もしないで殴られっぱなしっというのも多分精神的に我慢できないだろう。という話をしていて1つの結論に。

唾をかける。

うわ、こう書くとさもしい。。。けど、これなら万が一のおおごとになることもないだろうし、精神的にもやられっぱなしにはならないだろう。いやいや、あくまで向こうが暴力行為に訴えてきた場合ですよ。

まぁそれはそれとして。数日後、また新幹線に乗る機会があった。この日は、もうパソコンなんてするはずもなく、いつも通り窓際で読書をしようと思っていた。

指定席に行くと、座面に貼紙が。「この席をご予約のお客様、席が故障したため空席をお使いください。車掌が来たときに対応します」みたいなことが書いていた。

なので、隣に座っていたら、後ろの方で行楽に向かうであろうおばちゃんたちがペチャクチャペチャクチャうるさい。けど、しょうがない。読書でもしてよ。

そうこうしているうちに、車掌が来た。どうも上り列車として使ったときに汚れたらしい。「別の窓際席取りますか?」と聞かれたが、まぁ移るのも面倒だし丁重にお断り。車掌が去っていく。

けど、よくよく考えると最近またノロウィルス系の嘔吐の話とか聞いていたから、ひょっとしてそれか?とも思い、やっぱり席替えてもらった方がよかったな、と後悔しているところにタイミングよく車掌が通りかかる。

即座に呼び止め、「やっぱり席替えます」「分かりました」とちょっと半笑いの車掌。さっき断ったやん的な。

で、案内された席に腰を下ろし、また読書をはじめようとしたら・・・

きた~~~~~~!!!通路を挟んで隣の窓際に、

隣の窓際に、

パソコンペチペチサラリーマン。

まったく同じシチュエーション。こういうのを自業自得とか天に唾するとか身から出た錆とか因果応報と言うんだろうな。イライラおとなしく乗っていました。

Pocket