電車の乗り降りマナーその3:駅のホームでどこに並ぶ?

Pocket

電車の乗り降りマナーって難しい電車の乗り降りマナー2 次の急行電車に乗り変える場合で、乗っている電車が駅に到着した時、出口付近に立っている人は、車内の奥の人が降りれるように一旦駅に降りるけど、そのときの降り場所の正解はどこか、更には、乗っていた電車が各駅停車で、急行電車に乗り換えようと駅のホームに降り立った際に並ぶ場所はどこが正解か、ということについて書いた。

最近では、駅のホーム上で、次の電車に乗る人はこの列、その次の電車に乗る人はそのとなりの列という風に、乗る電車ごとに並ぶ列を明記されていることも多い。で、電車が来ると、その電車に乗る列の人たちが乗って、次の電車に乗る予定のとなりの列の人たちは、そのまま横スライドするという仕組みが取り入れられている。

ただこの仕組みも始発駅なら何も問題ないんだけど、その駅に各駅停車で乗り入れてきて急行電車に乗り換える場合は、やっぱり各駅停車から降りた時の並び場所問題は残ることになる。まぁそのときはいったん降りて、急行電車に乗る列の最後尾に並ぶってことが正解なんだろうけど。

で、最近、別の問題を感じることがあった。それは、ホームで並ぶ列が3列になっていることだ。電車が到着すると、電車から降りる人を優先させるために、ホームに並んでいる人は一旦左右に分かれる。このとき2列なら何の問題もなく左右に分かれられるけど、3列だと真ん中にいる人はどちらかに寄ることになって、2人と1人に分かれることになる。とするとどうなるか。

例えば、真ん中の人が右側に寄って、右側が2人、左側が1人になったとすると、降りる人が降り終わって乗り込むとき、乗る順番は、真ん中から右に寄った人と、左の先頭に並んでいた人がまず同時に乗り込み、もともと一番右側の先頭に並んでいた人は真ん中から寄ってきた人の次になってしまう。

仮に、先頭3人の中で一番早く並びはじめていたとしても、あとから来た人が自分の左(右でも同じ)に2人並んでしまうと端っこになってしまい、左右に分かれた時に真ん中の人が寄せくると乗る順番が2番目になってしまう。

とすると、3列に並ぶときは真ん中に並ぶのが一番有利となる。左右のどちらに寄せるかを選べるし、寄せた先で一番を確保できるから。

ただ、端っこに並んでいた人が電車が着くなり、開いたドアのギリギリにスッと体を寄せられると、真ん中の人はそちら側に寄せるに寄せられなくなり、そうこうするうちに降りる人の流れに押されてちょっと後ろに流されることもあるから、電車が着いたときのポジション取りは非常に大事である。

かといって、電車が着く前にホームの前の方にポジション取りするのは、何かのはずみで後ろから押されでもしようものなら非常に危ないのでオススメはしません。

というか、それ以前にそこまで先頭に並ぶ意味があるのか?ということもあるけど、肉体精神疲労の観点から、満員電車に乗る時のポジション取りは非常に大事なのです。それはまた別の機会に。

Pocket

コメントを残す