100円回転寿司はスシローもいいけど無添くら寿司もね

Pocket

オススメの100円回転ずしと言えばスシローだけど、実は、くら寿司も結構あなどれない存在。一個一個のネタはスシローの方がクオリティが高いものが多いけど、スシローには無い、くら寿司の最大の売りが2つある。

スシローには無い、くら寿司の売り

  • びっくらポン

食べ終わった皿を席にそなえつけられている穴に入れ、5皿入れるごとにタッチパネル上でミニゲームが始まり、あたるとガチャガチャが一個もらえるというもの。

これ、結構よくできていて、5皿ごと(5皿、10皿、15皿、・・・)にミニゲームが楽しめるので、あと1皿で5皿っていうとき(14皿とか19皿のとき)はついついあと1皿食べてしまう。びっくらポンによるこの、どうせならあと1皿注文って意外と多いと思う。

ちなみに、デザートとかコーヒーとかは皿が使われていないので注文してもミニゲーム用にはカウントできないのが痛い。コーヒーとかデザートも皿に乗せればいいのに。締めの、どうせならあと1皿注文率がもっと上がると思うけどなぁ。

ちなみに、ミニゲームの中身はというと、普通のスロット(絵柄は魚のマグロとかお茶とかマグロのにぎりとか回転寿司にちなんだものです)や、くら寿司キャラが敵キャラと柔道や卓球、光線ビームで戦ったり、海底でお宝を探ったりするものと結構バラエティに富んでいる。

さらにちなみに、スロットは、必ずリーチはかかるけど、魚のマグロの絵柄以外は当たらないし、当たり予告とか、すべり当たりとかも無い(そらそうや)。

さらにさらに、くら寿司キャラと敵キャラの戦い系のゲームでは、すんなり勝つパターン(当たり)と、コロッと負けるパターン(外れ)に加えて、一旦負けそうになるけど、そこから必殺逆転!パターン(当たり)があるのでこれもちょっと楽しめる。

まぁ当たったからといってもらえるガチャは大したことないけど、やっぱり当たるとうれしいし家族で楽しめます。

 

  • 無添

くら寿司は、無添くら寿司の名の通り、全ての食材において、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料を一切使用していないのである!

これ、逆を言えば、スシローやはま寿司、かっぱ寿司とかはそんなこと謳っていないので、添加物が入っている可能性が大なのであります!

添加物が気になるアッシ的には結構大きいポイントなんだよな~。

ちなみに、他にも「鮮度くん」なる、回ってくるお寿司の皿に透明のカバーがついているという衛生面での安心も。回転寿司って子供とかが結構レーンにせり出していたりするから、むき出しで回ってくるのはちょっと不衛生だなぁと思うところが多分にある。といってもこれはタッチパネルで注文すれば別レーンで直送されるからあんまり重要じゃないけど。

以上、くら寿司の紹介でした。

関連

くら寿司のおすすめのネタについてはこちら。

無添くら寿司の絶対食べたいおすすめメニュー10選

無添くら寿司の絶対食べたいおすすめメニュー10選(後半)

その他、スシローについてはこちら。

スシローの絶対食べたいおすすめメニュー10選

スシローの絶対食べたいおすすめメニュー10選(後半)

スシローで食べてはいけない(おすすめしない)ネタ

そして、モスバーガーはこちら

モスバーガーの絶対食べたいおすすめメニュー

モスバーガーのネット注文はつかえる!

モスバーガーのネット注文がつかえる!はずが・・・

Pocket

コメントを残す