消費増税延期に伴う衆院解散・総選挙を唱えることの本当の理由とは

Pocket

安倍首相が消費増税を2年半再延期する方針を示したことに対して、麻生太郎財務相が再延期には衆院解散・総選挙が必要だと主張しているとのことで。

ニュース映像で「増税を延期するなら、選挙で信を問わねばならん」みたいなこと言っていたけど、選挙ってそういうものなの?

いつから、選挙って一つ一つの政策についての是非を問うものになったんだろう。選挙は議員を選ぶもので、もちろん、議員を選ぶ判断材料として各政策は大事にはなるけど、今回みたいに”増税を延期する”という政策の是非で議員を選べ!ってのはちょっと乱暴すぎるというか。

選挙の争点づくりと言えば、小泉元首相の「郵政選挙」が記憶に新しい。けど、そもそも、選挙なんてしなくても、国民が何を求めているのか、また国としてどうあるべきなのかを考えて、結論を出すべき存在が議員じゃないのか。

よくわからないから、自分たちでは決められないから多数決で決めよう、ってことなら議員なんて要らないんじゃないかと思ってしまうけど。

結局、議員って選挙というお祭りが好きなのかな。お金がかかるとか時間がかかるとか言うけども、やっぱりあのお祭りがないと生きている感じがしないよね、みたいなことなのかな。そう思えば、マスメディアも選挙お祭り好きだな。選挙となると、討論式の特番だらけになるし、選挙当日は全チャンネル、選挙ばっかりだし。
一般市民も祭りなら祭りと割り切って楽しむしかないってことか。

Pocket