イラっとする服屋の店員part2とユニクロの凄さ

Pocket

紺のシンプルなセーターと、少しあしらいの入ったデザイン違いのグレーのセーターの2着を買ったアッシが、さらにグレーのシンプルなセーターも欲しくなって同じチェーンの別のお店巡りをしていた時のこと。

お店に入るや否や、セーター売り場を目指してまっしぐらに進む。

ありました、ありましたセーター売り場。まだセール中やん。

ということで早速、お目当てのグレーのシンプルなセーターを探す。すでに購入済みの紺はすぐに見つかるも、やっぱりグレーはなかなか見つからない。とそんな折にどこからか湧き出てくる店員。

「サイズ、お探ししますので〜お声がけくださいっ」

こっちは、目当てのものもサイズも分かってるんで、余計な接客は全く不要なのだが、ひょっとしたらパッと探してくれるかもしれない、という万に一つの期待をもって

「あの〜、これのグレーってあります?」

と言ってみたら・・・

「・・・、いや〜、出てるだけになりますので・・・」

って、おい!!!

なんやそれ!

あるんか、ないんか、どっちやねん!!探す気もないんかい!

で、去り際に

「サイズ、お探ししますので〜」

って!!!

サイズ探すしかしないのかい!

いやいやいやいや、どっと疲れるわ。

先日も、全然違う店でジーパンを買おうと思って見に行ったら、ビッターーーってマンツーマンマークされて、手に取るもの手に取るものについて、

「それは素材がストレッチでして〜」やら、「これは限定もので、通し番号もありまして〜」やら、「これはかなりタイトめなシルエットになってまして〜」やら、やらやら・・・

うるさいねん。

こっちはゆっくりみたいねん。

値段もチェックしたいねん。

お前がごちゃごちゃ言ってきてる中値札みたら、

こいつ、安いのん探してるだけちゃうん、って思われそうで見られへんやん。

こっちは素材がストレッチかどうかよりも、まずは値段知りたいねん。なんぼ素材がストレッチでも予算はストレッチせえへんねん。

いや〜、だから、洋服屋設定のコントやら漫才が多いんやろね。

ネタにしやすいもん。ってか現実がネタやもん。

そう思うと、ユニクロって作ってるモノもさることながら、こちらから声をかけるまで絶対に声かけしてこず、一声かければ、徹底的に在庫を調べてくれる、あの接客スタイルこそが革命的なんやろな〜

Pocket

コメントを残す