【コツ】コーヒー好きがカフェインから身を守る

Pocket

先日、カフェイン中毒で死亡という事故が起きた。

この件を巡って、カフェインの致死量はいくらだとか、薬を飲んでいたからだとか、様々な意見が飛び交っている。

量の問題はあるにせよカフェインが体に悪いことは明白だ。もちろん、眠気覚ましにいいことは分かる。僕も集中力が切れた時はエナジードリンクやコーヒーで「カフェイン注入だ」と気合を入れることがある。それは、どうしても今晩中に資料を仕上げなければいけないとか、明日プレゼンがあるとか、差し迫った状況だから仕方なくやっていることだ。別に好んでカフェインをとっているわけではないし、とらずに済めばそれに越したことはない。このあたり、飲むことで仮面を脱ぎ捨てられる効用を持つお酒とは、似て非なる。

ちなみに、僕はコーヒー中毒者だ。毎朝絶対に家でコーヒーを飲むし、会社に着いたらほぼ毎日コーヒーを買っている。昼食後やブレイクタイムにもコーヒーを買う。

ただし、家では100%ディカフェ(カフェイン抜きコーヒー)だし、日中も大概はスタバでディカフェのコーヒーを注文する。もちろん、カフェインを注入したいときはセブンイレブンで買うけど。

で、不思議なのはスタバで普通のドリップを注文する人。カフェイン必要なの?眠気覚ましは分かるよ。けどほんまにカフェイン必要?

ディカフェ飲んだことあります?カフェインありと味変わんないすよ。しかも、スタバのドリップはあらかじめ抽出済みのものを提供されるけど、ディカフェはあらかじめ抽出している店は多くないから、ドリップしたてのおいしい一杯が飲めるんすよ(7~8分待つけど)。

で、香りを楽しみながらおいしいコーヒー飲めば、それで眠気覚めるで。別にカフェイン入ってなくても。

絶対ディカフェや~ん。と改めて思った事故でした。

Pocket

「【コツ】コーヒー好きがカフェインから身を守る」への1件のフィードバック

コメントを残す