アメリカ人の肥満がなくならない理由

Pocket

アメリカのディズニーで見かけた、アメリカ人の一部(2割くらいかな)の太りっぷりって半端ない。日本人の常識を覆す太りっぷり。もう、突き抜けとる。

で、別に体が不自由とかじゃなくても普通に電動車いすに乗っている。だって歩くの疲れるからさ~と言わんばかりの涼しい顔して。で、電動車いすに乗りながらアホみたいにでかくてあっまいアイスとかをぱくついている。

なんで、そんなに太れるの?

日本人ってダイエットブームみたいなのがず~っとあって、食事方法とか運動器具とか、新たなダイエット療法が次々とでてきては、流行り、廃りを繰り返している。その中にはアメリカ発祥のものも少なくはないとは思うけど、そもそもダイエットに対する考え方が日本とアメリカって全然違うんだろうな。

アメリカ人、本気でダイエットしようとか思ってないよ。

日本だとちょっとした身体的な特徴、例えば周りよりもちょっと目が細いとか、口元にほくろがあるとか、鼻が矢印みたいとか、を気にしがちだけど、アメリカ人、全然そんなもん気にしない。そもそも肌の色からして違うからな。周りからズレてるとか、逸脱したくないっていう気持ちが全くない。

差違こそ個性やし、そんな個性を認めあうというか、個の主張がすべて、もっと言えば主張しない個は無に等しい、的な考え方があるんやと思う。俺俺主義というか。外資系企業だと会議で発言しない人間は次から呼ばれないとかってのもよく聞くけど、根っこは同じだろうな。

だから、「なんで、太ってて悪いねん?」「おお、そうや、俺、太ってるねん」「太ってるのが、俺や」的な意識がどっかであると思うねんな。

じゃないと、あんなに太りながら、あんなにアホほど大口あけて食べへんて。ちょっとでも太っていることに対して、周りより逸脱しているという負い目みたいなのがあったら、もうちょっとちいちゃいアイス食べるわ。

日本人なら、周りの目を気にして、相対的に自分の太り具合を見る目が多少はあると思うけど、アメリカ人には、多分無いね。

もちろん遺伝とか体質とかもあるんやろうけど、根っこにある俺俺主義がなくならん限り、アメリカ人の異常な肥満はなくならないやろうな。

Pocket