ヘルシーな大戸屋は糖質オフダイエットにめちゃいい

Pocket

先日、お家騒動で取沙汰された大戸屋。
背景は、5月中旬に役員人事を巡った会社側と創業家の対立。発端は大戸屋の実質的な創業者だった前会長が去年亡くなったことのようで、その後、2代目社長を目されていた若き息子が突然辞任したり(一説には会社側とうまくウマが合わなかった?言われている)、会社側が役員の大半を交代させる人事案を株主総会に提示したり、などと会社側と創業家の対立がメディアにも取り上げられていた。

どこにでもありがちなカリスマ経営者の後継者問題ってことだろうけど、結局は会社側の人事案が株主総会で可決されたみたい。創業家からの質問も特になかったようで、今のところ大きな問題はとくに起きていないみたい。

と、そんなお家騒動はおいておいて、大戸屋っていいなって話を。

大戸屋。昔から何となくは知っていたし、たまに行ったりもしていたけど、健康志向が高まった今行くと改めていいなぁと感心する。

一番は、全ての定食が単品で頼めること。ゆるい糖質オフダイエットをしているワチキにはめちゃめちゃありがたい。しかも、例えばサバの塩焼きの単品を頼んでも、サバの塩焼きだけじゃなくて、大豆とひじきの煮物みたいな付け合せがついてくる。その他にも単品でサラダとか小鉢とかもあるので、ごはん抜きのセットが自由に作れる。

しかも、メニューに全商品のカロリーと塩分表示も載っている。どうせなら糖質とタンパク質も載せてほしいけどね。

ちなみに小鉢のオススメはこちらの大戸屋風ばくだん小鉢。

kobachi_01

納豆、オクラ、とろろ、の明らかに体に良さそうなネバネバグッズに、生卵、まぐろの刺身とタンパク質も豊富な一品。これと、サバの塩焼き単品でセットにしても1000円。サバの塩焼きには先述したとおり、大豆とひじきの煮物がつくので、野菜も十分とれる。

saba

いや~、これはすばらしい。

よく定食屋なんかでは、ごはん大盛り無料、とかごはんおかわり無料みたいなことを売りにしている店もあるけど、ごはんを大して食べない糖質オフダイエット者としては、ごはん食べない分安くしてくれや~って思う。どうせ残すんやから。
ごはんの代わりに納豆小鉢をつけてくれるワチキのお気に入りの定食屋もあったりするけど、そういう店はほんの一握り。

ちなみに、白ごはんを抜くという糖質オフダイエットに過剰に反応する人って、ことさらに「いや~やっぱり日本人は米ですね~。ごはんおかわり!」って言う。そして、こういう人は大抵太っている。
アホかと。
だったらお前、米とたくあんだけ食うとけや~。肉食うやんけ。欧米食の肉は食いますけど、それはおいておいて、日本人はやっぱり米や~、ってアホすぎる。結局何でも食うってことやん。日本人関係あらへん。

大戸屋って「女性が入りやすいように」っていうコンセプトがあるから、お店は大抵が地下とか2階にあるけど、それがかえって低家賃にもつながっていて、その分コストパフォーマンスが良いんだろうな。

そんな大戸屋のタグラインは「ちゃんとごはん。」
企業の姿勢を表現した、いいタグラインや~。

Pocket

コメントを残す