サラリーマンの得するエレベーターの正しい乗り方

Pocket

エレベーターの乗り方一つで、人間性というか、この人と仕事したいかどうかが見える。わたくし流、この人と仕事したいなと思われるためのエレベーターの乗り方を紹介。

エレベーターの乗り方

【乗り込むとき編】

後に乗る人がいないなら(自分だけしか乗らない、もしくは自分が最後なら)、乗ったらまずは「閉」を先に押す。で、その後に行きたい階数を押す。「あれ?何階だっけ?」とか言ってる前に、「お~お久しぶりです~」とか言ってる前に。まずはスマートに「閉」を押す。自分が乗る前からそのエレベーターに乗ってる人の気持ちになれば、はよ、閉めろやって思うもん。ただでさえ自分が降りたい階じゃない階でちんたら止まって、良い気持ちはしてないんだから。

【すでに乗ってる人編】

ボタン操作の前に立つならスマホをいじるのやめる。まだ乗り込もうとしている人いるんだから「開」を押す。「自動に閉まるのは私のせいじゃありません」と思っているのかどうか知らないけど。スマホいじりたいたいなら奥に乗って。

【乗り込むとき編(後続者がいる場合)】

階数ボタンだけ押していきなり隅っこに行くのはやめる。ボタン操作の前に人がいるならいいけど、誰もいないんだったら、ボタン操作の前に行って「開」押す。この時は「あれ?何階だっけ?」と言ってもいいけど、「開」を押しながら話す。さーっと一番に乗り込んで、自分の行きたい回数だけ押して、隅っこ行って後はスマホで知らんぷり。自動で閉まろうが「私のせいじゃありません」ってのはNG。

ちなみに、会社とかでエレベーター乗ったらボタンの前に立つって意外とおススメ。乗ってくる人の顔が全部見えるから先輩とかにすかさずあいさつ出来るし、ギリギリで乗ってこようとしてくる人のために「開」を押しておいてあげて良い人ぶれるし。その相手が上司だったりしたら、ね。

Pocket

コメントを残す