【コツ】振替輸送のお金って払わなくていい?

Pocket

通勤に使う私鉄がしょっちゅう遅れる。人身事故だ、急病人対応だ、線路に人が立ち入った(痴漢の隠語らしいけど)だ。

で、先日も非常停止ボタンが押された+急病人対応で、いつもは5分で着くところ40分かかった。さらに、いつもは10分でいけるところをこの先60分かかりますとのアナウンス。普段はアホのひとつ覚えみたいに「人身事故の影響で遅れています。すみません」ばかりだけど、この日は、こういうとき一番知りたい『この先、何分かかるか』を言ってくれたので、すぐに振替輸送による別ルート乗換という行動が起こせた。

ただ、振替輸送の仕組みというか、やり方がいまいちよくわからない。

改札に人が並んでいて、何か紙切れをもらっているのは見てたけど、こっちはわざわざ別ルート乗換するほど急いでるんだから、並んでいる暇はない。ただでさえ迂回ルートで遅れるのに。しかも、複数の路線を乗り継ぐけど、全路線対応しているのかどうかも不明やし。ということで、これまでは大人の対応で通勤定期範囲外の迂回ルート分は自腹で払ってた(2~3百円やけど)。

けど、この日はなんかそれも癪に触って、とはいっても紙切れをもらうのに並ぶのも面倒で、「紙切れないけど何か?」みたいな態度でいってやれ、と思って紙切れを持たずに、一応定期券は見せながら乗換先の駅員のいる改札に行ってみた。

そしたら、拍子抜けするくらいあっさりと「(待ってましたと言わんばかりに)どうぞ!」の掛け声で、改札をスルーできた。

そうなんです。多分正式なルールでは振替乗車票なる紙切れを呈示する必要があるのでしょうが、朝の通勤時間帯でただでさえイライラしている時間帯の振替輸送は、定期券を見せるだけで改札をスルーできるのです(今回たまたまかもしれませんが・・・)。なんて大人の対応。

これからは、どんどん振替輸送してやる(真似をして運賃の支払いを命ぜられても筆者は責任を負いません)。

Pocket

コメントを残す