村田製作所チアリーディング部がスゴイ

Pocket

ムラタセイサク君ムラタセイコちゃん、とユニークな取り組みで、自社の技術をプレゼンテーションしてきた村田製作所の新たな試み。村田製作所チアリーディング部

村田製作所チアリーディング部は、ボールに乗って動きます。

彼女たちのポイントは、「倒れそうで倒れない」バランスと「ぶつかりそうでぶつからない」そのチームワーク。

この文章だけで、村田製作所の技術力がイメージできる、素晴らしい広告活動(テレビや雑誌、WEB媒体に出稿しているのかどうか知りませんが、企業の技術力や風土をプレゼンテーションしているので広告と捉えます)。

B2B企業というのは一般生活者には非常に見えにくいため、多くの企業が人材確保に苦労しているのではないかと思う。僕も学生のとき、絶対、村田製作所、知らなかったもん。

で、この広告活動は、学生に対するアピールもすごいと思う。技術的にメチャメチャレベル高いことができそう、という期待と、B2Bということでなかなか世の中に直接見えるものを出すことは無い中でも、いろいろと面白いことができそう、という期待を感じさせる。

もちろん、この活動は直接的なB2Bビジネスにも多大に貢献すると思う。ビジネスだから最終決定は技術力とかコスト要因で決まることが多いだろうけど、そこに至る間口は確実に広げていると思う。とりあえず村田製作所にも声かけてみよか、ってなる。

自転車(ムラタセイサククン) → 一輪車(ムラタセイコちゃん) と来て、まさかのチアリーディング部。複数人への飛躍。今後どこまで行くか楽しみ。次はサーカスとかかな。


他にも広告について書いています。

積水ハウス:一生を一日と考えてみる

グラぶるって結局何なの?

ダイワハウス:役所広司投手アメリカへ

 

Pocket