ふだんをアゲるシエンタの渡辺直美にイラっとする

Pocket

和製ビヨンセこと渡辺直美が主婦役を演じるトヨタ、シエンタのCMの

♫ふだんをアゲるシエンタ〜♪

のメロディが頭から離れない今日この頃ですが、

ちなみに歌詞の詳細は、

買い物だってジムになる

普段をアゲるシエンタ〜

待ち時間だってカフェになる

普段をアゲるシエンタ〜

送り迎えはむかえフェス

普段をアゲるシエンタ〜

というものみたい。

で、「普段をアゲるシエンタ」

言わんとすることはわかる。

シエンタがあれば、日常生活がちょっと良いものになりますよ、ってことだろう。

けど、これ、下手な大学生が、ちょっとキャッチコピー書いてみました感が半端ない。全然シエンタの魅力が伝わってこない。

CMの演出も嘘くさすぎるし。

いやいや、いいんですよ、イマドキはそれぐらいのほうが。そっちの方がメロディも残って、ついつい口ずさんじゃいますよね〜。

みたいな会議がされたんだろうな。

事実、アッシの頭、というか耳には残っている。

で、これでCMとしてはOKみたいなことが言われたりもするけど、いやいやいやいや、全然あかんやろう。

「いいモノ」として、頭でも耳でもに残さないと。ただなんでも印象に残りゃあ良いってものじゃないでしょう。

シエンタは無いな、という認知を作っているだけにしか思えないけど。。

まぁ、主ターゲットの主婦には受けがいいのかもしれませんね。

それにしても、ニッシンボーとか、イチネンとか、もはや社名ということすら伝わらないCMをちょいちょいみかけるけど、広告費の無駄遣いでっせ。で、その広告もさかくだる(遡るの逆ね)と顧客が支払っとるわけやからねぇ。

ワンマン経営者の独断なのか、怪しい広告代理店マンの入れ知恵なのかどうかわからないけども、誰かが言わないと、「これ、意味あります?」って。って、そんなこと言ったら左遷させられるんやろうけどね。

Pocket

コメントを残す