サントリー『水と生きる』は素晴らしいキャッチコピー

Pocket

宇多田ヒカルのサントリー南アルプスの天然水CMが最高に良いで、南アルプスの天然水の宇多田ヒカルCMについて書いたサントリー。

サントリーってもともとはウィスキーとかの洋酒の会社のイメージがある(特に山崎のイメージが強いかな)けど、最近はプレミアムモルツ、金麦のイメージも結構強いし、今なお根強い人気の緑茶の伊右衛門もあれば(最近は、体脂肪に効く特茶も有名)、セサミンとかの健康食品とか、スキンケア品も出している。確か、ハーゲンダッツもサントリーグループ。

ハーゲンダッツのCMもいいね。

この娘、中条あやみっていうモデルとのことだけど、メチャンコかわいい!他の画像はイマイチだけど、このハーゲンダッツで演じている20代女子のキラキラした私生活演出は最高。柴崎コウのハーゲンダッツも良かったけど、柴崎コウは少し高嶺の花すぎたのに対して、中条あやみちゃんのは、合コンにいそうというか、知り合いになれそうなエロさがあっていいね。

それにしてもハーゲンダッツももはや知名度100%に近くて、CMしたからといって売上が伸びるわけでもないだろうけど、ずーっとCMやり続けているから色あせない、ブランドの王道を行っているなぁ。いろんなメーカーがプレミアムアイスを出しているんだろうけど、やっぱりここぞはハーゲンダッツだもんな。

それに、ほとんどのアイスって安定剤とか増粘多糖類とかph調整剤とかの添加物が入っているけど、ハーゲンダッツは入っていないのが多い(フレーバーによっては入っているけど)。バニラとかだと『クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、バニラ香料』。それに大体が1個あたりの糖質が20gなので、糖質制限ダイエットの息抜きおやつとしても良いんだよね。

で、話をサントリーに戻すと、プレモルとか金麦とか山崎とか伊右衛門とか、名だたるブランドがあって、それらのブランドが売上を支えているんだろうと思うけど、南アルプスの天然水って、企業タグラインとして『水と生きる』を掲げているサントリーを語る上で外せないブランドだと思う。

『水と生きる』

この5文字にサントリーの企業姿勢が詰まっている。よくありがちな「顧客第一」とか「安全と信頼」とかっていう、お前が言うな的な文言ではなく、自分としてはこれを大切にやっていきます、という姿勢を表した言葉だし、お客さんである一般生活者からも共感を得られる言葉であり、姿勢だと思う。

そして、南アルプスの天然水はその象徴となるブランドではあるけれども、飲料、アルコールはもちろん、健康食品、化粧品まで含めて、サントリーの全ての事業に通じる姿勢を表している。こういうビジョナリ-な言葉を掲げる企業が増えるといいなぁ。

Pocket

コメントを残す