広告離れ?トビタテ留学ジャパンに見る広告の可能性

Pocket

若者の車離れ、ビール離れ、海外旅行離れ、・・・

若者の〇〇離れが言われて久しい。

もうバブル時代とは消費スタイルが違う、車でも何でもこれからは所有から共有でっせ、みたいなこともよく言われる。

地球上の資源が限りある中で、これ以上経済成長するのはもう無理でしょっ、てことになんとなくみんなが気づき始めている。

そんな中での広告離れ。

これは若者に限ったことではないと思うし、最近の話でもない。

子どもの時からCMになったらチャンネル変えまくってたし、録画したヤツは30秒スキップを使いまくってた。

スマホとか、SNSとか、タイムシフト視聴とか関係なく、広告離れはずっと前からあったのに、業界は本気で捉えてこなかったんだろう。

ちなみに、WEB広告で、一回検索したらそれ以降アホみたいに出てくるターゲティング広告的なモノってどうよ、別のお店とかでもう買ってるのに広告が出続けたりするし。

なんて思ってたら、偶然、こんなものに出会った。

文部科学省の官民協働の海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」のプロモーション用WEBムービー、

Dear Father。

留学に興味を持つ息子と、口下手な父親の本音をラップでぶつけあう企画。

そのリリック(ラップの歌詞)がこれ。

 

”息子”
あのさ……
昔から知ってたんだ この工場
継がせたがってんだってこと
(躊躇……)鉄と油の匂い嗅げば
今までの感謝で言葉がないよ だから
そんなあなたを喜ばせたくて
目指した学科は工学科だったけど
ごめんね父さん、機械の道には
進みたくないんだ 俺の夢は
いつかNY で建築家になりたい
NY で建築科 目指したいんだ
掛けてくれた愛情は裏切れない
でもそれ以上に自分は裏切れない
「やりたいことをやれ」って言ってくれたよね?
「我が道を行け」って言ってくれたよね?
その言葉はあなたからの宝だから
認めて 初めてのワガママを……

”父親”
昔から知ってた
ってか気付いてないとでも思ったか?
俺は 曲がりなりにもお前の親父さ
口下手なのもお前と同じさ
(溜息…)それにしてもまた
何故今の今まで黙ってた?
ずっと待ってたんだその口から・・・
運命(さだめ)に抗い望む力
俺がいつ言った? この工場継いで欲しいと?
俺がいつ言った? 親父の本音見抜いて欲しいと?
そりゃもちろん継いでくれたら嬉しいさ
経済は相当苦しいさ
でも だからこそお前はお前でいて欲しいんだ
なのにお前は 自分で決めた道を行きもせずに
気を使ったつもりか? 何も知りもせずに?
それは誰のためだ? 俺のためか? お前のためだろう?
今のお前は他人(ひと)のせいにして甘えてるだけだろう?

” 父親”
だけど……
ついに言ったな? 今度こそは
信用してもいいんだな?
俺が心配だったのはその優しさであり脆さ
あの日の俺そのものさ
聴かせてくれよお前のその夢を
向き合わずに来た日々を埋めよう
NY・・・どんなとこなんだ?
そこじゃなきゃ って理由 は何なんだ?

” 息子”
何なんだ? って言われればまだまだ正直
ただの 憧れかもしれない
僕らのため全て犠牲にしてきた
あなたからすりゃ甘いのかもしれない
だけど 見てみたいんだこの街の
その先の海の向こうにある世界
父さん、どうか 許して欲しいんだ
NY に 留学させて欲しいんだ

”父親”
お前の目の前に立ってる
その人は不幸そうに見えるか?

”息子”
いや、不幸そうだなんて思わないけど
なんていうか、ちょっと後ろめたくて…

”父親”
俺は誇りに思ってる
俺の来た道 お前の行く道を

”息子”
……ありがとう、父さん……
戻ってくるよ 己の道を究めて

”父親”
寂しくなるな お互いしばらく
工場のことは御心配なく(笑)
OK お前の覚悟は受け取った
・・・世界へ羽ばたいて来い。
俺たちはいつでもここで待ってる
・・・未来へ飛び立って行け。

 

これ、動画では見たことないし、ラップも聞いたことないけど、歌詞を見るだけでジーンとくる。

くさいと思われるかもしれない。

さぶいと思われるかもしれない。

それでも見た人の心をぎゅっと捉える力。

こんな広告がもっと増えれば、広告離れなんてなくなると思うけどなぁ。

Pocket

コメントを残す