CSRやCSVとは何か?その目的と成果とは?

Pocket

CSR. Corporate Social Responsibilityの頭文字をとったもので、日本では「企業の社会的責任」と訳されています。 従業員の労働面での人権保護、地球環境や地域社会など、多様で大勢のステークホルダー(利害関係者)に配慮した経営のこと(コトバンクより)

CSRというと

木を植えたり、リサイクル運動をしたり、社員でゴミ拾いしたり、・・・

簡単にいうと、企業が社会に良い活動をすることである。

最近はCSRではなくCSVだとの説もあるようだが、(ちなみに、CSVとは、Creating shared value :共通価値の創造のことで、社会問題を企業の事業戦略と一体のものとして扱い、企業の持つスキル・人脈・専門知識などを提供しつつ、事業活動として利益を得ながら、社会問題を解決、企業と社会の双方がその事業により共通の価値を生み出すこと)

CSRのことも良くわかっていないのに、CSVも何もないだろう。

そもそも、CSRの目的とは、

社会に良いことをすることのはずである。

企業は多かれ少なかれ社会に負荷をかけることで成り立っているところがあるので、負荷をかけるだけでなく少しでも社会に良いこともしよう、ということがCSRの目的のはず。まさに企業の社会的な責任を果たそう、ということ。

なのに、「せっかくCSR活動をしているのだから、もう少しアピールできないものか」といった類の相談を受けることがままある。

え?

CSR活動をアピール???

それって、CSRでも何でもなくて、ただの企業コミュニケーションですよね?

「うちの会社ってこんな良いことやっているんです。ぜひ、うちの会社を好きになって下さいね」。って声高に言いたいってことですよね?

 

こんなのCSRでも何でもない。

結局、経営トップが意味も良くわからず、「うちもCSRをしなければ」とかって言い出して、企業の中にCSR部門ができ、

CSR部門としてはとりあえず社会に良いことをやろうとするけど、そのうち経営から、

「お前たちの活動は結構予算を使っているようだが、わが社にいい影響を与えているのかね?」

みたいなことを言われて、

「せっかくCSR活動をしているのだからもう少しアピールできないものか」

という相談をすることになるんだろうなぁ。

まぁ、それでもこのケースはまだましで

ひどい企業とかになると、

「うちの商品は人助けの商品だ。だからこの商品を売ること自体がCSRである」みたいなことを言い出したりする。

”人助け”って別にAEDを作ったりしてるわけじゃなくて、普通に日常生活の必需品を作っている会社とかが言い出したりする。

もちろん、その商品自体は生活を助けているとは思うけど、その商品を作る過程で自然を汚しているし、原料として自然を搾取しているでしょ?、その責任を果たすのがCSRってことだと思うんですけどー。

Pocket

コメントを残す