ヘルシアのノンアルコールビール:モルトスタイルは売れるか?

Pocket

特保飲料の先駆け、ヘルシアからノンアルコールビールが発売されたようで。その名も、ヘルシアモルトスタイル。ヘルシアモルトスタイルについて、こんな流れで考察します。

ヘルシアモルトスタイル

ヘルシアとは

今でこそ、体脂肪を減らすのを助けるとか、脂肪の吸収をおだやかにするとか、血圧が高めの人向けとかっていう健康系のお茶がわんさか売られているけど、「茶カテキンの働きで体脂肪を消費しやすくする」を売りにしたヘルシア緑茶が健康茶市場を作りだしたパイオニアだった。

初めて飲んだら誰もがまずいと感じる衝撃的な味。けど、あの苦さというかまずさが、なんか体に効きそうという印象を与えた。良薬口に苦しを地でいく飲み物。

その後、ヘルシアって炭酸のヘルシアスパークリングとか、スポーツドリンクのヘルシアウォーターとか、缶コーヒーも出したみたいだけど、まぁどれも緑茶には及ばず、二番煎じ感が否めない。

緑茶が一個うまくいってヘルシアがブランドになったからヘルシアブランドからいろいろ他にも出して売上を拡大しよう、ということだと思うけど、普通の人は普段飲む飲み物を全部ヘルシアにしようなんて思わない。

ちょっと体に悪そうなコーラとかジュースとか缶コーヒーを飲むからこそ、ヘルシア緑茶も合わせて飲んで気分的には帳消しにしとこう、というのが心理だと思う。

だから、コーヒー出そうが、スポーツドリンク出そうが、そんなに爆発的にはパイは増えないと思うん。ヘルシア緑茶飲んでいた人が、緑茶よりも自分に合うカテゴリーのヘルシアにスイッチするだけで、ユーザー層が広がるわけでも、一人あたりのヘルシア消費量があがるわけでもないと思う。まぁ、あの緑茶の苦さが何とも嫌でヘルシアを敬遠していた人がスポーツドリンクなら飲めるっていうので少しくらいはユーザーが広がったかもしれないけど。

で、話をヘルシアから新しく出たノンアルコールビール、ヘルシアモルトスタイルに戻すと。

ヘルシアモルトスタイルについて

今更感が半端ない。

ノンアルコールビールと言えば、キリンフリーが完全にアルコール無しの0.00%を出して一気にメジャー化し、サントリーオールフリーがアルコール0に加えて糖質0(人口甘味料入っているけど)で追随。その後は、アサヒもサッポロもいろいろ出している成熟市場。

健康系でも、アサヒが出している脂肪と糖の吸収をおだやかにするアサヒスタイルバランスがあったり、サッポロが出している糖の吸収をおだやかにするサッポロプラスがある。

その中で、ヘルシアモルトスタイルの売りは当然、茶カテキンで脂肪を消費しやすくする。他のと一緒やん。

メーカー視点で言うと、脂肪の吸収をおだやかにするのと脂肪を消費しやすくするのは違うとか、茶カテキンがすごいんだってことかもしれないけど、ぱっと見は一緒。脂肪に効くのねっていう。

まぁ百歩譲ってそれは良いとしてもひどいのはキャッチコピー。

ヘルシアモルトスタイルのキャッチコピー

「あ、おいしい」

おい!!!!

「ヘルシアのノンアルコールビール?どうせ不味いんじゃないの?」

「いやいや、そんなことないんです、実は、おいしいんです。」

って言いたいのは分かる。分かるよ。けど、ヘルシアってあの不味さこそがヘルシアらしさであり、何かよくわからないけど体に効いてそうという印象を生みだしていたはずなのに。

もはや、ヘルシアじゃないね。ただの茶カテキンノンアルコールビールやわ。

ノンアルコールビール飲む人ってビールユーザーで、運転があるとか、昼だからとかっていう理由でアルコールは飲めないときに飲むもののはず。本当はビールを飲みたい、けど今は飲めないのでノンアルコールで我慢しますというシチュエーション。

そのときに、どうせ飲むならちょっと健康っぽいモノをって言うのは分かる。けど、そのときにヘルシア選ぶ?まずそうやん。ビール飲みたい時にわざわざまずそうなの選ぶ人います?

いやいや、だからおいしいって言っているんです、ってアホやん。ヘルシアということで一旦まずそうと思わせといて、けどおいしいんですって弁解するくらいなら、初めからまずそうって思わせる必要性ゼロやん。ヘルシアを名乗る必要ないと思うけどなぁ。

逆においしいヘルシアを買う理由もない。まずいからこそ効きそう、だから買う、ということのはず。

ちなみにヘルシアモルトスタイルの成分。

ヘルシアモルトスタイルの成分

デキストリン、茶抽出物(茶カテキン)、エリスリトール、麦芽エキス、ぶどう糖加工品、食塩、環状オリゴ糖、香料、酸味料、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK、ソーマチン)

体に悪そうな添加物のオンパレード。なんか、全然ヘルシーじゃない。

まぁ多かれ少なかれ添加物が入るのはしょうがないとは思うけど、けど自分で「おいしい」って言うその根拠が香料とか人工甘味料ってのもどうよと思う。

ヘルシーにこだわって、天然由来の成分でここまで味を仕上げました、くらい言ってほしいな。

最後に

どんどん拡張していって失敗したブランドと言えば、ライオンの植物物語が有名だけど、ヘルシアも同じ道をたどるのかな。

緑茶はまだ健在っぽいけど、もし、このヘルシアモルトスタイルが本当においしいのだとしたら、ヘルシア緑茶がまずい必要性無いもんなぁ。下手したらヘルシア緑茶にも悪影響を及ぼすかもなぁ。

Pocket

コメントを残す