レクサスが成功した要因はプレミアムだからではない

安いものは欲しくない、安くなったものが欲しい。に見る定価戦略で少し書いたけど、マーケティングの仕事をしていると、プレミアム商品を出したいという企業の話をよく聞く。

企業としては、少子高齢化、人口減で市場が縮小するから、ちょっとでも高い商品を出して売り上げをあげたいっていうのが先にあって、そのために、ちょっと素材や作り方にこだわりましたっていう商品開発がよくされている。

別にこれ自体を否定するわけではないけど、何でもかんでもプレミアムって言われてもなぁとも思う。これまでプレミアム商品としてマスで成功したのって、レクサスとプレミアムモルツくらいじゃないかな。あとロイヤルホスト、ハーゲンダッツもか。

けど、レクサスが成功したからといって、国産プレミアムカー市場があるとは言えないだろう。ホンダや日産が高級車を出しても、プレミアムという訴求だけではレクサスほどは売れないだろうからな。

よくよく考えるとレクサスって絶妙なブランド。トヨタっていう名実ともにNO.1企業が出したっていうのが最大の要因だろうな。デザインもかっこいいけど、ともすると中国ブランドとかでもああいうデザインの車あるからな。トヨタ、レクサスだから、あのデザインがかっこよく見えるんだろう。トヨタが本気で高級車を作りました、という文脈。

まぁベンツとかBMWとかよりもレクサスの方が燃費よさそうやし、最初から右ハンドルやから構造上も無理なさそうやし。部品の取り寄せとかも国内ですぐできるっぽいし。

レクサスにはトヨタというバックがあったから成功したとして、プレミアムモルツとかハーゲンダッツとかロイヤルホストの成功要因は何か?については次の機会に書きます。