絶対言ってはいけない言葉「お料理いかがでしたでしょう?」

Pocket

たまに、ちょっといいレストランに行った時とか、日本料理店に多いかな、

料理を食べ終わる頃合いを見計らって

「お料理いかがでしたでしょう?」的なことを言ってくる女将さん的な人にでくわす。

これ、「いや〜、あんまりでしたね」とか言う人、というかそんなこと言える人っているのかな?

例えばカップルで食事をしていて、

実際はそんなにおいしくないなぁとか、値段ほどでもないなぁとか、ちょっと塩加減がきついなぁとか思っていたとしても、言わないでしょ。好きな彼女の前で。

「こいつ、細か」と思われるのが関の山だし、というよりも「その店選んだのお前やん」ともなりかねんし。

せっかくこの後の展開に向けて身も心もヒートアップしているところを、「いや〜、ちょっと口には合わなかったですわ」と言うことでその場すべてが凍りついてしまうし。

「お料理いかがでしたか?」って言ってる方も、それらすべてを見越してるんよね。なんならちょっとドヤ顔で聞いてきよるからね。

これって心理学的には認知的不協和の部類に入るのだろう。

①料理を食べてイマイチだと感じる。

②ただたとえイマイチだと思っていても「どうでしたか?」と聞かれたら「あ、おいしかったです〜」と言わざるをえない。

③とはいえ自分が嘘をついたという認知は解消したい。

④けれども一旦「おいしかった」と言ってしまった言動はどうすることもできない。

⑤でどうするかと言うと、料理を食べてイマイチだと思った記憶を改ざんするんですね。

これぞ認知的不協和の解消。

こんなことを見据えたどこかの訳知り顔の奴らがセミナーとかで偉そうに、

「お料理どうでしたか?」って言うといいぞってことを吹聴してるんだろうな。

けどね、これ実際に起きていることって、⑤で、料理がおいしかったと記憶を改ざんするのではなく、

④で、「おいしかった」と言ってしまった言動に対する認知を、「「おいしかった」と言わされた。なんてひどい店だ。」という認知に改ざんすることなんじゃないかと思うんだけど。

で、これの怖いところは、

実は、①で本当においしかったとしても、「お料理どうでしたか?」と聞いてしまうことで、

「「おいしかった」と言わされた。なんてひどい店だ。」という認知が生じてしまい、「あんなひどい店の料理がおいしいはずがない」といった認知になってしまうことなんだよね。

「お料理どうでしたか?」「寝心地いかがでしたか?」「ぐっすりお休みになれましたか?」・・・こんな言葉は絶対に使ってはいけないのであります。

ディズニーランドは、入場口でチケットをかざすと「キラリラリーン」という音が鳴りますがあれはティンカーベルが魔法をかけてくれているのです。

そして、退場ゲートをくぐるときは、何も音がしません。

「間違っても夢と魔法の国、どうでしたか?」なんて聞きません。

そうです。

ディズニーランドの魔法はとけることがないのであります。

Pocket

コメントを残す