Uber(ウ―バー)タクシーが流行らない理由と宅配の可能性

Pocket

Uber(ウ―バー)ってよく耳にするけど、

スマホでタクシーを配車するサービスのことなのか、一般ドライバーに乗せてもらう相乗りサービスのことなのか、けどそれって白タクと本質的に何が違うのか、とか、自動運転が進めば家で使っていない車が勝手に動き回って人を乗せて収益を生むとかとか、いろんな話があってイマイチよくわからない。

で、よくよく調べてみると、日本では一般ドライバーが相乗りさせてお金をもらうのは禁止されているから、現状は、スマホでタクシー会社のタクシーを配車するってことみたい。一部、過疎地域とかでは一般ドライバーによる相乗りサービスが実質解禁されたりもしているみたいだけど。

けど、この、一般ドライバーに乗せてもらう相乗りサービスって、規制が無くなったからといって日本で流行るかなぁ。

過疎地域で公共交通が無くて、高齢になって自分で運転できなくなった人は利用せざるを得ないかもしれないし、自動運転が整備されて、無人で車が動き回れるようになれば別だけど、

見知らぬ一般のドライバーの車に相乗りするのって怖いと思う。乗せる方も、乗る方も。

クチコミとかでドライバーの質は担保されるといっても、いきなり豹変するかもしれないし、ドライバー視点に立っても、乗客側が変な乗客の可能性もあるし、後ろの席でしれっと飲み物とかこぼされたりしても嫌だし。

そもそも見知らぬ人と狭い密室空間である程度の時間二人きりになるのって相当キツイと思うけどなぁ。この辺、アメリカ人とかはまったくwelcomeなのは分かるけど。日本の国民性にはあわないでしょう。

タクシーの場合は、そもそもそういうサービスって割り切っているし、車もしっかりしているし、ドライバーも制服着て、仕事っていう感じだから、気まずさとかもないけど、これが普通のシャツ着た普通のおっちゃんが運転するカローラとかだったら、大分居心地悪いと思うけどなぁ。

 

ただ一方で、家族や友人をどこかに送って行った帰りとか、一人で何かを買いに行く時とかって、運転していて確かに、何かこの移動を活かせるんじゃないかという可能性を感じることがある。自分しか乗っていないし。

で、思いついたのが、宅配。(宅配機能を持たないレストランが宅配するためのUrberのフード宅配「Uber EATs」ではなく、一般の人の荷物の配送をサポートするサービス)

自分の通り道上で、送りたい荷物がある人の荷物をピックアップしてあげて届けてあげる。

通り道上に、送りたい荷物がある人と、その送り先があればベストだけど、さすがにそういう可能性は低いだろうから、

例えば通り道の近くに集荷センターがあれば、そこに立ち寄って、そこにある荷物の中から自分の通り道に近いものを運んであげるとか(自分の通り道と荷物のマッチングはシステムが進化すればすぐできそう)。

通り道の近くに集荷センターがあることは稀かもしれないから、コンビニに荷物を持ち込むサポートとして、通り道上にいる、送りたい荷物がある人の荷物をピックアップしてあげて、コンビニまで届けてあげるとか。

逆に、コンビニに持ち込まれた荷物の行き先が自分の通り道上の近くにあればピックアップして運んであげるとか。

いずれにせよ、自分の通り道と荷物のマッチングなんて早々にできるようになるだろうから、

「どうせその近くに行くし、通り道だから」っていう理由で、誰かの荷物を運んであげるっていうのは結構良いアイデアだと思うけど、どうでしょう?

Pocket

コメントを残す