ラグビー日本代表、世界NO.2アイルランドに勝利!アイルランドは勝ち点1を拾う蹴り出し選択

ラグビー日本代表

いやぁ。やりました。

ラグビー日本代表が世界NO.2の強豪、アイルランドに19−12で勝利。

いやぁ、すごい。

前回、4年前のワールド杯にて、当時世界NO.3だった南アフリカに勝利した際も、奇跡だとか、歴史的勝利だとか、世紀の番狂わせだ、なんて表現されたけど、

もはや、2連続となるこの勝利は、歴史的勝利でも、奇跡再来でも、世紀の番狂わせでもなく、まぎれもなく実力勝利。

力負けも速さ負けもせず、互角以上の戦いを繰り広げた結果、手にした勝利。

その実力が世界に認められたと感じたのは、最後の最後、残り数分、というところで敵陣深くまで攻め込んだシーンだった。

ちなみに、この試合、最後の最後で、7点差で負けているアイルランドがボールを取り、アイルランドには最後の最後、本当にラストワンプレイで同点に追いつくチャンスがあった。

ラグビーはトライで5点、その後のキックが決まれば2点入るので、ワンプレイで7点差を追いつくことができるスポーツだ。

そして、アイルランドは最後の最後にそのチャンスを得た。

そのとき、私は前回のサッカーワールド杯、決勝トーナメントのベルギー戦を思い出していた。

前半2−0で奇跡的に勝ち越していた日本が、後半、ベルギーに追いつかれ2−2。

さらに残り時間数分というところで日本ボールのコーナーキックがベルギーキーパーにキャッチされるや否や、電光石火のカウンターをくらい、15秒で失点した、あのシーン。

やっぱり格上は格上。世紀の番狂わせなんてそうそう起きるもんじゃない、ということを痛感したあのシーン。

アイルランドは世界2位、かたや日本は世界9位と明らかに格下の相手である。

下馬評ではワンプレイでトライ&ゴールを決めることも十分ありえる力の差だった。

さあ、やばいぞ。

アイルランドボールだ。

絶対止めるぞ。

そう身構えた瞬間だった。

目を疑ったが、アイルランドはボールを外に蹴り出したのだ。

??

え?

どういうこと?

終わりやん・・・

ボールを蹴り出した瞬間にノーサイドになることは明らかな状況でアイルランドはボールを蹴り出した。

当然、ボールがタッチラインを割ったところでノーサイドの笛が吹かれる。

歓喜にうずまくJAPAN。呆然と立ち尽くすアイルランド。

いやぁ、勝った、勝った。

けど、なんでアイルランド、最後ボールを蹴り出したのか?

なぜワンプレイで同点に追いつく機会をみすみすふいにしたのか?

実は、ワールドカップは5チームずつの予選ブロックに分かれて戦っていて、上位2チームが決勝トーナメントに進むことになっている。

で、その順位を決めるのが勝ち点で、

勝ち:4点

引き分け:2点

負け:0点

となっている。

そして、面白いのがボーナス制で

4トライ以上あげた場合は、+1点

7点差以内の負けも、+1点

というのがある。

ちなみに、前回ワールドカップでは、日本が歴史的勝利の南アフリカ戦を含む、3勝をあげ(3勝1敗)、

3勝1敗で日本、南アフリカ、スコットランドの3チームが並ぶも、ボーナス点の差で勝ち点が3位となり、決勝トーナメントを逃す結果となっている。

このボーナス点は意外とあなどれないのである。

そして、アイルランド。

そう、彼らは、最後の最後、ワンプレイで同点を狙いにいく(勝ち点2)のではなく、同点を狙いにいって逆に日本に得点されるリスク(勝ち点0)を恐れ、7点差での負け(勝ち点1)を選んだのである。

あの瞬間、アイルランドは、日本から点を取れる可能性よりも、日本に点を取られる可能性の方が高い、と判断した。

日本の実力を認めた瞬間だったのである。

もうお分かりかと思うが、この勝利は、奇跡でもなんでもなく、実力なのである。

いやぁ、それにしても、最後の最後に冷静に勝ち点1を手にしたアイルランド。

日本、アイルランド、スコットランドが3勝1敗で並んだ時に、笑うのはどのチームだろう。

もうしばらくラグビー日本代表から目が離せませんわ。