初心者から中級者におすすめのウイスキー

Pocket

ワインも良いけど、最近ウイスキーをたしなむようになった。

ハイボールも良いけど、最近はもっぱらオンザロック。

大人のたしなみとでもいいましょうか。

ただウイスキーと一口にいってもピンからキリまであって、なかなか奥が深い。

今日はそんなウイスキーの雑学と、初心者から中級者におすすめのウイスキーをご紹介。

ウイスキーとは

穀類を原料として、糖化、発酵の後に蒸溜をおこない、木製の樽で貯蔵熟成させてできるお酒(サントリーHPより)

で、グレーンとモルトの2種類がある。

グレーンはとうもろこしを原料としたウイスキーで、モルトはモルツよろしく、大麦麦芽を原料としたウイスキー。

で、このグレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンドした、ブレンドウイスキーなるものと、1つの蒸留所のモルトウイスキーのみで作ったシングルモルトウイスキーの2つが定番の型となる。

とはいっても、ブレンドウイスキーの中でもピンからキリまであるし、シングルモルトも結構幅が広いので、ここからは具体的な銘柄でおすすめのものをご紹介。

まずはこちら。

ジャック・ダニエル


名前くらいは聞いたことがあるかもしれない。アメリカはテネシーウイスキーで、モルトとグレーンのブレンドウイスキー。初心者にも非常に飲みやすい飲み口。

それでいてキリッとしつつ、かすかにスモーキーさも感じられる。

2000円前後で値段も手ごろだし、瓶のラベルが古き良きアメリカの香りがしてまたかっこいい。

続いて、

カナディアンクラブ クラシック12年

名前のとおりカナダのウイスキー。カナディアンウイスキーらしく、バニラのような甘い香りで飲み口もあっさりと飲みやすい。

こちらもモルトとグレーンのブランドウイスキーで値段も2000円前後とお手頃。

”クラシック12年”ではない、普及版のカナディアンクラブ(1000円前後)の方は飲んだことないから良くわからないけど、いろいろ銘柄を飲んできてたどり着いた一つの真実は、

熟成時間が長い方がうまい=初心者に飲みやすい

ということ。

やっぱり、まろやかになるんだよなぁ。

クレイジージャーニーに出ていた、世界中のウイスキーにロマンを馳せる男、栗林幸吉(なんちゅうおめでたい名前や)曰く、

「ウイスキーは時間を飲んでいる」

是非12年物をおすすめします。

 

そして、

オールドパー 12年


これも 12年物をおすすめ。ストレートだとすこしスモーキーさが気になるかもしれないけど、ロックにすると、驚くくらい飲みやすい。

スコットランドはスコッチウイスキーで、こちらもブレンドウイスキー。

値段は3000円前後だけど、やっぱり高いだけある。

瓶もひび割れた感じが大人っぽくて、なかなか様になりまっせ。

 

Pocket

コメントを残す