お嬢様聖水って何?エロい?

お嬢様聖水に行く前に。

内臓脂肪を減らすヨーグルトとして、雪印メグミルクから、ガセリ菌ヨーグルトってのが販売されてるらしい。

雪印って、食中毒事件やら牛肉偽装事件やらがあって、メグミルクに社名が変わったと思ってたら、またいつの間にか、雪印メグミルク、って”雪印”に戻ってるんや。

wikipediaによると、

雪印乳業を中心とした雪印グループは、2000年の集団食中毒事件と2002年の牛肉偽装事件により、雪印食品は2002年4月30日限りで廃業、雪印乳業は2003年1月1日に市乳部門を分割し日本ミルクコミュニティを創設するなど、事実上の解体を余儀なくされた。

しかし、その後の乳価高騰などの影響から、2009年1月27日、雪印乳業と日本ミルクコミュニティは経営統合を発表[1]。同年10月1日に、両者が共同株式移転を行い、共同持株会社として雪印メグミルク株式会社が設立されるに至った。

2010年10月14日、2011年4月をめどに子会社の雪印乳業と日本ミルクコミュニティを吸収合併することを発表[2][3]、2011年4月1日に2社を吸収合併し、事業会社としての雪印メグミルクが発足した。

もう、事件のことはみんな忘れているやろ、とか、禊がおちたな、とかっていう判断なのかな。

ま、それはおいておいて。内臓脂肪を減らすガセリ菌ヨーグルト。

こういう商品っていろんな会社から特保として出ていて、どれも効果の程は立証されてるんだろうけど、イチ生活者としては眉唾的な感じが否めない。どんだけ効くねんと疑ってしまう。

で、そんな中で、ガセリ菌って。ガセっぽすぎる。もちろん、ガセリ菌ってのが学術的な正式名称なのだろうことは分かる。

けど、それをそのまま商品名として使う?効果の程があやしすぎる。

で、同じようなことを感じたのが「お嬢様聖水」。あやしすぎるでしょ。聖水って。最初電車の中で広告見た時、スマホゲームとかアニメか何かかと思った。宗教色がするし、隠語でおしっこのことでしょ、聖水って。

コピーライターの糸井重里さんが、コピーライティングについて書いたもので、香水のコピーで、香りが良いことを伝える場合、「この香水はうんこの香りはしません。いい香りがします。」とは絶対に書かないっていうのを思い出した。

ガセリ菌ヨーグルトとお嬢様聖水、売れるかな~。

子供に持たせる初めてのスマホはTONE(トーン)モバイルで決まり

年頃になる娘がスマホを持ちたいと言い出した。

正確には、妻には前々からそういう話をしていたようなのだが、 アッシがスマホが必要な理由を聞いてみても明確に説明できなかったことから、撥ねつけてきた。

ところが、中学に入れば塾に通うようになったり、部活もはじまるということで、親や友達と連絡を取り合う必要性も出てこようかと、遂にスマホを持たせることに決めた。

とはいえ、SNSでのいじめ問題とか、出会い系による凄惨な事件とかが起きているので手放しに渡すのも怖いなぁと思っていた。

極力もらい事故みたいなのに巻き込まれる可能性は減らしておきたいというのが親心といいましょうか。

家庭内での利用は親の目が届くからまだいいものの、塾の行き帰りや土日などの外での利用をどうするかなぁといろいろ調べていたら、 TSUTAYAを運営しているCCC(カルチュアコンビニエンスクラブ)が出しているTONE(トーン)モバイルが子供向けにいろいろ制限がかけられて、

全国子ども会連合会推奨とか、9都県市推奨とのことで、口コミ的にも良さそう、 ということで早速、お店に行ってみると対応がすごく丁寧。

スマホを持たせることへの不安を感じてる親の気持ちに寄り添ってくれるというか。

通常、通信キャリアとか端末メーカーって、いかにスマホを使わせて通信代を稼ぐかに主眼が置かれているけれども、TONEは、いかに使わせないか、いかにコントロール下に置くかということに主眼が置かれている。

端末の利用時間帯を決めたり、アプリごとの利用時間帯を決めたり、そもそもどのアプリを使っても良いことにするかから決めたり。

で、いろいろ聞いていると、このコントロール下に置くというのが、もちろん、スマホを使う子供を親のコントロール下に置くという意味合いもあるのだけど、もうちょっと上位の意味合いとして、スマホという存在をいかに人間のコントロール下に置くか、ということのように感じた。

大人でも、電車でひったすらスマホでゲームをいじっているのをみると、なんか情けないというか、さみしいというか、スマホに完全にやられているように見えてしまうのの真逆といいましょうか。

全然関係ないけど、この前自動車免許の更新に行ったときに、更新ハガキに書かれていることをろくすっぽ読んでいないのであろう、

というか、免許の更新ということに何の頭も使っていないのであろう、受付で、「写真ありますか?」の質問に、「え?写真って?」と言っている中年男性の姿が。

いやいやいやいや、写真必要ってめっちゃ書いてるやん。

ご丁寧にサイズまで図柄で表示してくれている、っていうかちょっと考えたらわかるやろ〜、写真が要ることくらい。

何っにも考えてへんねやろうなぁ。

で、こういうおっさんに限って電車でスマホゲームに夢中になっているんやろうなぁと思ってしまう。

脳を通さずに、脊髄反射だけで情報処理してるんやろうなぁと。

で、TONEモバイルに話を戻すと、もう一回スマホを人間の管理下におこうよ、という感じがしていいのよね。

もう一回本当に必要な機能を、家族でゼロから考えてみようぜと。

さらには、GPS機能による位置情報も親端末に共有されるから、万が一何かあった時のリスクも軽減できるってのもあるし。

そして、しかも、月々の金額が、

なんと・・・ 1000円!!!!

これは安い! 親としては、子供にあまりスマホに時間を費やして欲しくない。

なのに、月6000円とか7000円ってなってくると使わないと損みたいになってしまって、結局スマホを使うことをどこかで肯定してしまう気がする。

それを機能も絞って、通信速度も最低限にして、できるだけ必要最小限にして、その分値段を安くするって。最高ですわ。

いかにスマホを使わせるか、ということでいろいろな、あれば便利かもしれないけどなくても困らない程度の機能をてんこ盛りにして高い金額を払わせる競争から、使わせないスマホで勝負、っていう舵の切り方が潔い。

子供のスマホデビューには、TONEモバイル、おすすめです。