テキーラ サウザは働き盛りのサラリーマンにおすすめのお酒

テキーラ。

テキーラといえば、飲み会の罰ゲームでショットを一気飲みさせて、狙いの女の子を酔わせてお持ち帰り。

一般的にはそんなイメージがついているお酒。

アッシもテキーラってまさにそんなイメージだった。

ただそんな飲み会なんて久しく無いおっさんにとって、テキーラとの関係をあえて言えば、テキーラサンライズというカクテルを飲む程度のもので、それ以上でもそれ以下でもない存在だった。

ところが先日、松本・設楽・小池のクレイジージャーニーで、テキーラに惚れ込み、メキシコに移住し、家族経営が基本のテキーラ工房に押しかけ、そこでテキーラに一生を捧げているクレイジーな男(ゲイっぽかったけど)の話を見て、テキーラに俄然興味を持った。

そもそもテキーラとは、

メキシコでしか作られていないお酒で、作り方は、アガベ(アガベシロップのアガベ)というサボテンみたいな植物から蒸留して作るとのこと。蒸留酒なので、原材料の違いこそあれ、大きくは焼酎とかウィスキーとかの仲間で糖質はゼロ。

番組では、まっちゃんや設楽、小池栄子がテキーラをストレートでめちゃめちゃ美味しそうに「ウィスキーに近いですかね」みたいなことを言いながら飲んでいて

え、テキーラってストレートで飲めんの?

ウィスキーに近いならアッシも飲めるかなぁ・・・

ってことでスーパーで探してみることに。

けど、意外とテキーラって売っていないんですよね。

ウィスキーこそ、本場のスコットランド産からカナダ産、アメリカ産、そして日本産と世界4大産地からいろいろな種類が売られているけど、まだまだテキーラは冒頭に書いたようなイメージが強いからなのか、ポピュラーじゃないんですね。産地がメキシコに限られるっていうのも生産量、流通量を制限しているのだろうし。

で、何軒かスーパーを回ってようやく発見!

その名もサウザ。

調べてみるとサントリーが輸入しているやつみたいで、サウザの中にもいろいろ種類があるみたい。

その店には、サウザ シルバー(1900円くらい)とサウザブルー レポサド(2200円くらい)なる銘柄が売られていて、違いがよくわからなかったアッシはとりあえず高い方買っておけばおいしいだろうというノリでサウザブルーレポサドを試し買い。

で、家に帰って早速ストレートでいただいてみる。

・・・

うん。

あ、全然飲める。

おいしい。

確かにウィスキーみたい。

で、よくよく調べてみると、サウザブルーレポサドは、樽で2ヶ月熟成しているとのことなので、やっぱりウィスキーっぽくなるんだろう。

ということで、ぜひウィスキーっぽく無いテキーラを飲んで見たい!ということで今度はサウザブルー(2000円くらい)というシンプルなやつを買ってみる。

で、飲んでみると・・・・

うまい!

ほのかに薫る甘みがいい!

テキーラのイメージが180度変わりましたわ。

テキーラ、サウザブルー、ぜひおすすめです!

そして、テキーラのいいところは、ストレートで飲めるのだけど、当然アルコール度数は40°と高めなので、少量で十分満足できるっていう。コスパがいいんですよね。ぜひ1瓶。

初心者から中級者におすすめのウイスキー②シングルモルト編 白州、グレンリベット、グレンフィディック

初心者から中級者におすすめのウイスキー ジャックダニエル他では、

ウイスキーの豆知識とおすすめの銘柄として、

ジャックダニエル、カナディアンクラブ クラシック12年、オールドパー 12年をおすすめした。

図らずとも、ブレンドウイスキーばかりになったので、今回はシングルモルトウイスキーに絞っておすすめを紹介する。

シングルモルトウイスキーとは

ちなみに、シングルモルトウイスキーとは、

大麦麦芽だけでつくられたモルトウイスキーの中でも、1つの蒸留所だけで作られたモルトウイスキーを瓶詰したもので、要は混じりっけなしのモルトウィスキーなのであります。

まず紹介するのは、

ザ・グレンリベット ファウンダーズリザーブ

スコットランド原産のスコッチウイスキー。

数あるシングルモルトウイスキーの中でも、私的には一番飲みやすい。飲み口がまろやかで、スモーキーさも強くない。ストレートよし、ロックよし。

ちなみに、栓がスクリューキャップだけどコルクっぽくなっているのも趣があります。

価格は3000円前後。

続いては、

グレンフィディック 12年

こちらもスコッチウイスキーで、とても飲みやすい。

私がこれまでに飲んだウイスキーの中では、もっともフルーツの香り(洋ナシ)が強い。こちらも価格は3000円程度。

そして、

サントリー白洲



いわずとしれた、山﨑と並ぶサントリーの2大シングルモルトウイスキー。

山崎に比べて白州の方が、ちょっとスモーキーさがあるような気がする。

一般的には白州の方が辛口ということになっているようで、それは仕込む水が軟水だからだそうです。

で、これはお値段お高めでアマゾンでも6000円近くするみたい。アッシはたまたま知り合いにもらったのですが。。

と、まぁ初心者にオススメするシングルモルトウィスキーとして、グレンリベット、グレンフィディック、そして白州を紹介してきましたが、

銘柄選びもそうなんですが、実はウィスキーをおいしく飲む飲み方がありまして。。

もちろんソーダで割るハイボールでも、大きめの氷を浮かべたロックでもいいのだけども、せっかく少し値がはるウィスキーを嗜むのなら、ウィスキーの味わいがダイレクトで感じれるストレートで試してもらいたい。

で、そのときのオススメの飲み方が、

ストレートウィスキーにスプーン1杯の水を加える、というもの。

これだけで、口当たりがすっごくまろやかになりますので、ぜひお試しあれ。もちろんアルコール度数はほとんど変わらず高いままだから、チビチビいけて、コスパもいい。サラリーマンの財布にも優しい飲み方となっております。

初心者から中級者におすすめのウイスキー ジャックダニエル他

ワインも良いけど、最近ウイスキーをたしなむようになった。

ハイボールも良いけど、最近はもっぱらオンザロック。

大人のたしなみとでもいいましょうか。

ただウイスキーと一口にいってもピンからキリまであって、なかなか奥が深い。

今日はそんなウイスキーの雑学と、初心者から中級者におすすめのウイスキーをご紹介。

ウイスキーとは

穀類を原料として、糖化、発酵の後に蒸溜をおこない、木製の樽で貯蔵熟成させてできるお酒(サントリーHPより)

で、グレーンとモルトの2種類がある。

グレーンはとうもろこしを原料としたウイスキーで、モルトはモルツよろしく、大麦麦芽を原料としたウイスキー。

で、このグレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンドした、ブレンドウイスキーなるものと、1つの蒸留所のモルトウイスキーのみで作ったシングルモルトウイスキーの2つが定番の型となる。

とはいっても、ブレンドウイスキーの中でもピンからキリまであるし、シングルモルトも結構幅が広いので、ここからは具体的な銘柄でおすすめのものをご紹介。

まずはこちら。

ジャック・ダニエル


名前くらいは聞いたことがあるかもしれない。アメリカはテネシーウイスキーで、モルトとグレーンのブレンドウイスキー。初心者にも非常に飲みやすい飲み口。

それでいてキリッとしつつ、かすかにスモーキーさも感じられる。

2000円前後で値段も手ごろだし、瓶のラベルが古き良きアメリカの香りがしてまたかっこいい。

続いて、

カナディアンクラブ クラシック12年

名前のとおりカナダのウイスキー。カナディアンウイスキーらしく、バニラのような甘い香りで飲み口もあっさりと飲みやすい。

こちらもモルトとグレーンのブランドウイスキーで値段も2000円前後とお手頃。

”クラシック12年”ではない、普及版のカナディアンクラブ(1000円前後)の方は飲んだことないから良くわからないけど、いろいろ銘柄を飲んできてたどり着いた一つの真実は、

熟成時間が長い方がうまい=初心者に飲みやすい

ということ。

やっぱり、まろやかになるんだよなぁ。

クレイジージャーニーに出ていた、世界中のウイスキーにロマンを馳せる男、栗林幸吉(なんちゅうおめでたい名前や)曰く、

「ウイスキーは時間を飲んでいる」

是非12年物をおすすめします。

そして、

オールドパー 12年


これも 12年物をおすすめ。ストレートだとすこしスモーキーさが気になるかもしれないけど、ロックにすると、驚くくらい飲みやすい。

スコットランドはスコッチウイスキーで、こちらもブレンドウイスキー。

値段は3000円前後だけど、やっぱり高いだけある。

瓶もひび割れた感じが大人っぽくて、なかなか様になりまっせ。

続きはこちら